研究会概要

アミノ酸分析の歴史は、誘導体化-液体クロマトグラフィーの歴史といえる。

1948年、ニューヨークのロックフェラー大学医学研究所のS.MooreとW.H.Stein両博士によってニンヒドリン比色法による液体クロマトグラフィーアミノ酸検出方法が報告され、124種のアミノ酸とリボヌクレアーゼの構造が解析された。この研究により、W.H.SteinとS.Mooreは1972年にノーベル化学賞を受賞した。
 アミノ酸の分析定量法は、このニンヒドリン反応とイオン交換クロマトグラフィーの原理を応用したやや古典的な方法のほか、最近では蛍光ラベル法と高速液体クロマトグラフィー法の組合せにより、ピコモル(10-12mol)オーダーの微量分析が可能になり、アミノ酸代謝異常症等の臨床診断に広く利用されるようになってきている。また、近年は、液体クロマトグラフィーと質量分析法を組み合わせ高感度で定性と定量分析を行っている例も多い。
 このようにアミノ酸分析は歴史が古く、今更アミノ酸分析を目的とした研究会の発足は不要との意見もあるが、さまざまな天然アミノ酸や合成アミノ酸の存在やペプチド医薬や抗体医薬等のアミノ酸関連のものが多く、さらなる研究が望まれている。そこで、本研究会では、従来のアミノ酸に加えて、動植物由来の天然アミノ酸や各種の合成アミノ酸およびぺプチド類等も含めて広く分析対象とし、アミノ酸分析研究を発展させることを目的とします。
 本研究会はこの趣旨にご賛同頂ける各分野の研究者の方々に、相互連携の機会や討論の場を提供し、アミノ酸に関わる先端的学術研究を推進することを目的とします。既存の学問領域や産業領域、企業・大学・公的組織の枠にとらわれることなく、アミノ酸分析とその機能に関する多様な学術研究に深い関心をお持ちの方々に積極的に参加されることを期待しております。
平成23年8月
発起人一同

会長挨拶

川原正博(武蔵野大学・薬学部・生命分析化学研究室)

2017年度より、新アミノ酸分析研究会の会長を拝命いたしました川原正博と申します。宜しくお願いします。
 新アミノ酸分析研究会は、「アミノ酸」と「分析」をキーワードとして、2011年に設立されました。私は、初代会長 豊岡利正 先生(静岡県大・薬)、2代目会長 宮野 博 先生(味の素株式会社)、3代目会長大江知行先生(東北大学)の後を引き継ぎ、4代目となり、会自体も7年目を迎えます。「アミノ酸」はα炭素にアミノ基とカルボキシル基を結合したsimpleな構造を持ち、研究者だけで無く一般にもなじみ深い物質です。アミノ酸はタンパク質の構成成分等として重要な働きを持っているばかりでなく、タンパク質を構成しないアミノ酸も多く様々な生理作用を持っています。アミノ酸は重合してペプチド、タンパク質となることによってさらに広範な機能発現を果たしますが、アミノ酸自体も様々な生理作用を持つことが近年注目されてきています。特に近年では、通常生体の構成成分とされていたL-アミノ酸以外に、D-アミノ酸も生体に含まれ、特有の生理作用を持っていることが注目されてきています。
 さて、このようなアミノ酸の機能解析には定量分析が不可欠です。古くから、タンパク質の構造解析の一環としてアミノ酸分析法は開発されてきましたが、まだまだ改良すべき点は多く、特にDL分析法などは年々進歩してきています。その意味で「分析」はアミノ酸研究の基盤となり、生化学、薬理学、合成化学などの様々な分野を幅広く結合する力を持っているのでは無いかと考えています。
本研究会では、「アミノ酸」・「分析」に関わる皆様に、研究者の専門の違い、機器・試薬メーカーと研究者、企業と大学、産官学など、あらゆる垣根を越えて、「自由な情報交換の場」、「研究ネットワークを広げる場」を提供したいと考えています。毎年の学術講演会では、著名な研究者を医学・農学・薬学・食品などからお迎えする依頼講演、活発な口頭・ポスター発表、懇親会での忌憚無きディスカッションを行っています。なお、本年度は優秀発表賞も予定しています。少しでも「アミノ酸」・「分析」のキーワードに惹かれましたら、あるいはアミノ酸をはじめとする低分子生体成分に御興味がおありでしたら、御気軽に本研究会・講演会にご参加下さい。
 

学術講演会

新アミノ酸分析研究会第7回学術講演会

主催:新アミノ酸分析研究会
協賛:日本分析化学会、日本薬学会、日本化学会、日本食品衛生学会(予定)、クロマトグラフィー科学会(予定)
期日:2017年12月4日(月)10:00~18:00(予定)
会場:大田区産業プラザPio(東京都大田区南蒲田1-20-20、下記地図参照)

依頼講演

1.  東京大学生産技術研究所 教授 竹内 昌治 先生:「マイクロ流体デバイス技術が拓く異分野融合研究」
2. SBIファーマ株式会社 代表取締役 田中 徹 先生:「生命の根源物質 5-アミノレブリン酸」
3. 九州大学生体防御医学研究所 准教授 松本雅記 先生:「IMPAQT:組み換えタンパク質を用いたタンパク質絶対定量プラットフォーム」

一般講演
学生・企業関係者による口頭およびポスター発表

発表・参加申込フォームよりご登録ください。

なお、35歳以下の若手学生・研究者を対象に優秀発表賞を贈呈します。

発表申込・講演要旨締切 11月 6日(月)


参加申込

発表・参加申込フォームよりご登録ください。

参加申込締切 11月 24日(金)

参加費:一般会員3,000円(会員、協賛学会会員、賛助会社社員)、学生2,000円(会員、非会員とも)、前記以外5,000円


懇親会
18:30~20:30(予定、同会場にて)、参加費5,000円

 



賛助会員

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

過去の学術講演会

第6回学術講演会

会期:2016年11月4日(金)9:00~18:00
会場:東京大学武田先端知ビル(東京都文京区本郷7-3-1)

 
依頼講演
1. 静岡県大・薬・教授・豊岡利正先生:「誘導体化法を基盤とするバイオアナリシス研究」
2. 東北大・研究推進部・教授・山谷知行先生:「イネの生産性を制御する窒素代謝の分子基盤」
 
パネルディスカッション「アミノ酸の DL 分析」
  
口頭発表11件、ポスター発表27件



第5回学術講演会

会期:2015年12月7日(月)9:40~17:40
会場:東京大学武田先端知ビル(東京都文京区本郷7-3-1)

 
依頼講演
1. 大阪大学産業科学研究所 谷口正輝先生:「1分子ペプチドシークエンサー
2. 東北大学大学院理学研究科 掛川 武 先生:「初期地球のダイナミクスが作ったアミノ酸、核酸塩基、そして生命
3. 筑波大学数理物質系 白木賢太郎 先生:「アルギニン溶液のバイオテクノロジー
 
口頭発表9件、ポスター発表18件
 


第4回学術講演会

会期:2014年11月17日(月)9:25~17:40
会場:東京大学武田先端知ビル(東京都文京区本郷7-3-1)

 
依頼講演
1. 久留米大学がんワクチンセンター 伊東恭悟先生:「ペプチドワクチン開発の最近の進歩
2. 鈴鹿医療科学大学薬学部 定金 豊 先生:「神経疾患に関わるペプチド中のアミノ酸残基の構造的変化と生理活性への影響
3. 東北大学大学院薬学研究科 大江知行 先生:「アミノ酸の修飾解析を通したバイオマーカー研究
 
口頭発表11件、ポスター発表16件
 


第3回学術講演会

会期:2013年12月2日(月)9:00~17:00
会場:東京大学薬学部講堂(東京都文京区本郷7-3-1)

 
依頼講演
1. 関西大学 老川 典夫 先生:「日本酒中のD-アミノ酸の定量的解析に基づく生成機構及び呈味機能の解明とD-アミノ酸に着目した新商品開発への展望
2. 産業技術総合研究所 夏目 徹 先生:「定量プロテオミクスから展開する分子プロファイリング
3. 新潟大学 門脇 基二 先生:「オートファジー調節をめぐるアミノ酸シグナリングの多様性
 
口頭発表12件、ポスター発表16件


第2回学術講演会

会期:2012年10月26日(金)9:00~18:00
会場:東京大学薬学部講堂(東京都文京区本郷7-3-1)

 
依頼講演
1. 東大院理 菅 裕明 先生:「非古典的ペプチド創薬、特殊ペプチド翻訳合成基盤技術と創薬展開
2. 理研 バイオ解析チーム 堂前 直 先生:「プロテオーム解析の基盤をなすアミノ酸分析
3. 九大院農 松井 利郎 先生:「ペプチドによる生活習慣病予防‐特に,高血圧,血管系疾患予防作用について‐
 
口頭発表12件、ポスター発表15件


第1回学術講演会(キックオフシンポジウム)

会期:2011年12月9日(金)14:00~17:30
会場:島津製作所東京支社 イベントホール

 
基調講演
 
国立医薬品食品衛生研究所 生物薬品部部長 川崎 ナナ 先生:質量分析とバイオ医薬品の品質管理 
 
 
依頼講演
1. 九州大学大学院薬学研究院 濱瀬 健司 先生:「アミノ酸分析のニューフロンティア -キラルアミノ酸メタボロミクスの可能性-
2. 味の素株式会社イノベーション研究所 山田 尚之 先生:「栄養飢餓に関するアミノ酸の生理機能研究における分析化学の役割
3. 大阪大学大学院医学系研究科  金井 好克 先生:「アミノ酸誘導体によるトランスポーターを標的とした癌のPET診断と癌抑制薬

Link

お問い合わせ